最終更新日:2012.10.15


長野電鉄のページ

長野電鉄の路線は木島線(木島〜信州中野)が2002年3月末をもって廃止、屋代線(屋代〜須坂)も2012年3月末で廃止され、現行路線は長野線(長野〜湯田中)のみとなった。
車両も90年代初めの赤ガエル(2500系/元東急5000系)の天下から90年代後半はマッコウクジラ(3500系/元営団3000系)へ置き換えられ、2005年には東急8500系がやってきた。 2006年には小田急ロマンスカー(HiSE)として活躍した10000形も長電1000系となり、「ゆけむり」としてデビュー、2011年には旧成田エクスプレス(JR253系)だった2100系が「スノーモンキー」としてデビューした。
その一方、長電オリジナル車は次々と姿を消した。先ず、ローレル賞受賞(1967年)という当時地方私鉄では画期的な栄誉に輝いた初代OSカー(0系)が消え、2000年代に入ると2代目OSカー(10系)も引退した。 最後まで頑張っていた特急車2000系も次々と姿を消し、最後のD編成が2012年春で引退となった。
大きく変貌を続ける長野電鉄の現状をまとめてみた。
車両
特急「スノーモンキー」デビュー2100系(元JR253系成田エクスプレス)
特急「ゆけむり」としてデビュー新1000系(元小田急10000形ロマンスカー)
ガエル」に続く東急からの転籍車、 8500系
世代交代を迎えつつある3500系 (元営団3000系)
長電オリジナル特急車2000系−2012年3月引退−
ガエル」こと、 まぼろしの2500系
栄光のローレル賞 0系「OSカー」
往年の主力車両1500系
最後?の長電オリジナル車両10系「OSカー」−ついに引退−
駅/設備
屋代線(廃止前の姿)、屋代線スライドショー(廃止前の姿)、屋代駅(廃止前の姿)−2012年4月1日廃線−
木島線(廃止前の姿)、木島線スライドショー(廃止前の姿)、木島駅(廃止前の姿)−2002年4月1日廃線−
スイッチバックが廃止された湯田中駅(長電最高標高地点駅)
鉄道併用橋の村山橋(長電最長橋/新鉄橋に付替え完了)
山岳展望
北信五岳 (長野電鉄から)
高社山(高井富士) (長野電鉄から)
北アルプス (長野電鉄から)
志賀高原の山々 (長野電鉄から)

※このページ及びリンク先の長野電鉄関係各ページの記述は以下の資料を参考にさせていただきました。
 ・鉄道ピクトリアル No.595 <特集>信州の鉄道 1994.9
 ・  同上     No.652 <特集>甲信越・東海地方のローカル私鉄 1998.4
 ・長野電鉄の75年 (監修/小林宇一郎、黒澤眞一 発行/郷土出版社)
 ・長野電鉄60年のあゆみ (編集/長野電鉄・総務部 発行/長野電鉄)
 ・NIFTY SERVE 旧・鉄道フォーラム私鉄館 関東甲信越・伊豆会議室

鉄道のページに戻る