西武鉄道 現役車両一覧

2000系(前期タイプ)
昭和52(1977)年から昭和62(1987)年にわたり、西武所沢車両工場で製造された新宿線専用ともいえる4扉車。
主電動機直流複巻電動機(130KW)
制御方式界磁チョッパ制御
制動方式HRD−1R
台  車FS372A(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

2000系(後期タイプ/新2000系)
昭和63(1988)年から平成4年(1992)年まで、西武所沢車両工場及び東急車輛で製造された。 当初新宿線専用だったが後に池袋線にも配属されている。
主電動機直流複巻電動機(130KW)
制御方式界磁チョッパ制御
制動方式HRD−1R
台  車FS372A(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)
【一部例外有り】

101系
昭和44(1969)年の西武秩父線開業に合わせて登場した西武初の本格的高性能車。 昭和51(1976)年まで全て所沢車両工場で製造。
主電動機直流直巻電動機(150kw)
制御方式抵抗制御
制動方式HSC−D(抑速付き)
台  車FS372(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

新101・301系
101系のマイナーチェンジ車として昭和54(1979)年に登場。前面は湘南形 を踏襲しつつも、窓の回りがやや凹み、現編成では凹み部分が全て黒く塗られ ている。昭和58(1983)年まで東急車輛及び西武所沢車両工場で製造された。
301系は新101系の8両固定編成版。
主電動機直流直巻電動機(150kw)
制御方式抵抗制御
制動方式HSC−D(抑速付き)
台  車FS372(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

3000系
昭和58(1983) 年から昭和62(1987)年まで東急車輛及び西武所沢車両工場で製造された。 新101系の外観に2000系の足回りという折衷車両。8両固定編成で当初 池袋線に投入されたが、後に新宿線でも使われるようになった。
主電動機直流複巻電動機(130KW)
制御方式界磁チョッパ制御
制動方式HRD−1R
台  車FS372A(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

4000系
平成元(1989)年4月からの秩父鉄道乗入れ用に製作されたセミクロスシート車。(東急車輛製) デザインは新2000系をベースにしているが、足回りは101系廃車発生品 の再用。
主電動機直流直巻電動機(150kw)
制御方式抵抗制御
制動方式HSC−D(抑速付き)
台  車FS372(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

6000系ステンレス車
地下鉄有楽町線と池袋線の直通運転を踏まえて平成4(1992)年から投入された西武 初のステンレス車輌。10両固定編成。(東急車輛製)
主電動機交流三相誘導電動機(155KW)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車SS-125(M車),SS-025(T車)
(ボルスタレス空気バネ台車)
初期製造車の違いについて詳細はこちらを参照。 地下鉄乗入れ対応車の詳細はこちらを参照。

6000系アルミ車
6000系は平成8(1996)年の増備以降、車体はステンレスからアルミ に変わり、メーカーも日立製作所となった。車番も6050番台となり、 6051F〜6055Fの5編成が製造された。

主電動機交流三相誘導電動機(155KW)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車SS-125A(M車),SS-025A(T車)
(ボルスタレス空気バネ台車)

新6000系アルミ車
6000系アルミ車は平成10(1998)年2月に営業運転を開始した6056F以降、 モノリンク台車の採用、戸袋窓の廃止などマイナーチェンジが行われ、従来 より1両当たり1.5t、1編成当たりでは約15tも軽くなった。
主電動機交流三相誘導電動機(155KW)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車SS-150(M車),SS-050(T車)
(モノリンク支持ボルスタレス空気バネ台車)

9000系
2000系の外観、101系の足回り、6000系の車内装備と各系の特徴を合わせ持ち、 平成5(1993)〜11(1999)年まで西武所沢工場で製造された車両。足回りは101系廃車発生品を再利用。
10両固定編成であるが、工場の製造工程の関係から先ず4両が先に竣功し、 西武狭山線に投入された後、残り6両の竣功を待って新宿線または池袋線に投入という手順を踏んだ。 抵抗制御であったが、平成16(2004)年より一部編成のVVVF化が始まり、平成19(2007)年に全編成がVVVFとなった。
抵抗制御車*1
主電動機直流直巻電動機(150kw)
制御方式抵抗制御
制動方式HSC−D*2
台  車FS372(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

VVVF車*3
主電動機交流三相誘導電動機(135kw)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車FS372(M車),FS072(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)

*1:VVVF化改造により2008年以降は該当車両はない。
*2:当初制動方式は当初HSC−D(抑速付き)としていた。これは以前所沢工場見学の際に拝見した資料に9000系の制動方式として「抑速付き」である旨が記載されていたためだが、「鉄ピクNo.716<特集>西武鉄道」に「抑速機能は外してある」旨の記述があることからこちらの記載も変更した。
*3:2004年よりVVVF化が始まり、2007年度までに全編成がVVVFとなった。「9000系VVVF化改造」を参照。

10000系
西武の看板特急。あのレッドアロー(5000系)号の後継車として、その名も「ニューレッドアロー(NRA)号」で登場しました。 新宿線では「小江戸」、池袋線では「ちちぶ」「むさし」「おくちちぶ」の愛称名で走る。但し全くの新製車ではなく、 足回りは101系廃車発生品の再利用。 平成5(1993)年12月に先ず新宿線初の定時特急として投入され、その翌年からは池袋線にも投入 された。
全部で12(新宿線:5,池袋線:7)編成あり、全て日立製作所製。 最新の第12編成はそれまでの11編成とは仕様が異なっている。(下表参照)
第1〜11編成の仕様
主電動機直流直巻電動機(150kw)
制御方式抵抗制御
制動方式HSC−D(抑速付き)
台  車FS542B(M車),FS042(T車)
(ペデスタル式空気バネ台車)
第12編成の仕様
主電動機交流三相誘導電動機(135kw)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車FS372(M車),FS072(T車)
 ◆その他の第12編成の違いについてはこちらの記述もご覧下さい。
 ◆10000系の側面排気口の形状と数には3つのパターンがあります。詳細はこちらをご覧ください。

20000系
詳細はここをクリック!

30000系
詳細はここをクリック!

8500系
西武球場前と西武園遊園地間を結ぶ新交通システム山口線(2.8Km)で使われている車両。 西武唯一のワンハンドルマスコン車であり、西武最初のVVVF車でもある。
昭和60(1985)年に登場。新潟鉄工製。
主電動機三相誘導電動機(95kw)
制御方式VVVF制御
制動方式HRDA−1
台  車平行リンク式ユニット形
ゴムタイヤによる新交通システム.ワンハンドルマスコンを採用.

E31型(電気機関車)
詳細はここをクリック!

※このページ及びリンク先の西武鉄道関係各ページの記述は以下の資料を参考にさせていただきました。
・鉄道ピクトリアル No.560 <特集>西武鉄道 1992.5
・日本の私鉄 12 西武(小林尚智・諸河 久共著/保育社)
・NIFTY SERVE 鉄道フォーラム 私鉄館 東武・西武会議室 (nifty:FTRAINS/MES/7/)

西武鉄道メニューに戻る