札幌市交通局(軌道線)

札幌市交通局の軌道線は一条線、山鼻線、西山鼻線の3線であるが、 一本に繋がっており、事実上1路線である。 車両運行は一部を除いて西山鼻線の「すすきの」と一条線の「西4丁目」間の往復である。
車両は除雪車を除き以下の9形式30両が使われている。(2008年7月現在)
M100形、210形、220形、240形、250形、3300形、8500形、 8510形、8520形
M100形M101号車
この形式のみ頭にアルファベット「M」が付いている。 Mはモーター車の意味。 元々はモーターのないT1形と組んで2両で走れるようになっていたが、 ワンマン改造時に連結器は外された。M100形はこの一両のみ。
210形
この系列は210、220、240、250形の4形式がある。 全長は210〜240が12.5m、250形のみ13.1mとやや大型。

214号車 2003.2

214号車 2008.7

220形

222号車 2008.7
240形

244号車 2008.7

250形

254号車 2003.2

254号車 2008.7
3300形
3300形は330形の改番・改造による車両。外観は330形(210形と同一だった)の面影はなく、むしろ8500形に近い。

3305号車 2003.2

3303号車 2008.7
8520形
8500、8510、8520形は製造時期の違いで形式が異なってはいるが、事実上は同形式。このシリーズは全てVVVF制御である。

8522号車 2003.2

8522号車 2008.7

8500形

8502号車 2003.2
8510形

8511号車 2008.7

戻る
Train Gallery Top