※このホームページで採用している科名について

 植物の科名は1980年代まではエングラー(Engler)の体系が一般的でした。1990年以前に初版が発刊された植物図鑑の ほとんどはエングラー体系に従っています。

 しかし、最近では1988年にクロンキスト(Cronquist)が発表した「新体系」、さらに21世紀に入ってからはゲノム分析に基づくAPG植物分類体系を採用する動きが広がっていて、それらの体系を採用する図鑑も出始めています。  このホームページではそのような体系の違いを考慮せずに参照した図鑑や資料に記載されていた科名を記していました。ところが、実際には上記のように図鑑や資料によって採用している分類体系が異なっていたわけで、その結果、 エングラーとクロンキストの2体系が混在する結果となりました。

 このホームページの科名と図鑑や他のホームページに記載された科名が違っている場合は多くは上記の事情によるものです。 学会の主流はエングラーからクロンキストを経てAPG体系に移りつつあるようですので、できればこのホームページの科名の記載も統一したいと思っています。 ただし、この作業は非常に時間がかかるので、当面は科名の混在をお許し願います。